事業のこれから_図

  • 飲食事業

  • 東京エリアでの
    新規出店や新業態への挑戦、
    海外1号店の出店など、
    事業拡大戦略を推進。
  • 2017年、松山に「カフェ」をオープン。そこで培ったノウハウを活かして、2018年は東京エリアでカフェタイプの新店舗開発を目指しています。さらに、2020年以降、海外1号店のオープンも見据え、着々と準備をしています。常にエリア拡大と新業態への挑戦を志向すること。それが、かどやグループの特徴であり、成長の源泉といえます。
  • ケータリング事業

  • 独自のセントラルキッチン
    完成を契機に、
    仕入れ・調理の合理化と共に、
    仕出し事業を強化。
  • 2017年、セントラルキッチンが完成。食材の一括加工を行うことで商品の均一化やコストダウンを図る一方、各店オリジナルな料理やサービス提供にもいっそう注力していきます。また、現在3店舗で対応している仕出し(ケータリング)事業も、セントラキッチンを有効活用することで、さらなる長期的な競争優位を確立していきます。
  • 通販事業

  • ご自宅用の
    お取り寄せはもとより、
    ギフト市場参入・強化を
    目指す。
  • インターネットの普及に伴い、かどやのお取り寄せも毎日ご注文いただいています。今後は、ご自宅で宇和島郷土料理をお楽しみいただくのみならず、戦略としてのギフト提案を強化し、季節のギフトやお祝いギフトなど、多彩なシーンでご注文いただけるよう、商品力やPR力を高めていきたいと考えています。